ブラの正しい付け方|ブラジャーにはたくさんの種類があることをご存知でしょうか?

ブラジャーを購入したら

自分のバストのサイズに合っているブラジャーを選んでも、正しい付け方を知らなければきちんとバストを支えられません。また、正しくつけることでバストの形もきれいに見えます。その正しいブラジャーの付け方についてご紹介します。

正しいブラジャーの付け方

バストをカップに入れる

まずはブラジャーのストラップを両肩にかけます。おじぎをするように身体を少し前に倒し、自分のバストをブラジャーのカップの中にしまいます。それから、姿勢を変えずに後ろや前についているホックを苦しくない位置でとめます。

バストの位置を調整する

ホックをとめたら、次はバストの位置を調整します。先程と同じようにからだを前に倒した姿勢になり、バストの位置を調整する側の手でブラジャーのカップの上の部分を持ち、浮かせます。それから反対側の手でバストを上に引き上げます。反対側のバストも同じように調整しましょう。

ブラジャーがずれていないか確認

バストの位置が調整できたら身体を起こし、ストラップの位置を調整します。緩かったりズレていると動いた際に腕の方に下がってきてしまう可能性があるからです。また、鏡でブラジャーがズレていないか確認しましょう。それから動いたりしてきちんとフィットしているか確認します。

ブラの正しい付け方

胸部測定

体にあったブラジャーを選びましょう

自分のバストのサイズを測ったことがある方は、そのサイズに合わせてブラジャーを選ぶ方が多いのではないでしょうか。しかし、ブラジャーを購入する際はきちんと試着をすることをおすすめします。ブラジャーはメーカーによって形が異なるので、試着をせずに購入してしまうと体にきちんとフィットしていない場合があります。そのようなことを防ぐには、きちんとお店で試着をしてから購入すると良いでしょう。

間違ったブラジャーの付け方をしていると

自分の体に合っていないブラジャーを選んだり、ブラジャーの付け方を間違えてしまうと、バストの形が歪んでしまったり、バストが下に下がっていき、だらしないボディラインになってしまう恐れがあります。そうならないためにも、きちんと正しいブラジャーの付け方を理解し、しっかりと付けることが大切です。

通販でブラジャーを購入する

自分の体に合うブラジャーを見つけ、正しい付け方もマスターしたら美しいバストを保つことができます。しかし、ブラジャーは毎日つけるもで定期的に買い換えるため、その分料金がかかります。しかし、通販などを利用することでブラジャーにかける費用を減らすこともできます。足を運ぶことのできる店舗に同じブラジャーがあれば、きちんとサイズやフィット感も調べることができます。また、通販では購入してからサイズが合わないと思った場合でも返品可能なものもあるので、そのような通販もおすすめです。

広告募集中